刺繍資格の勉強に役立つ事前知識まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

刺繍に関して学ぶべき事

刺繍資格の勉強に役立つ事前知識まとめ刺繍は、世界中で親しまれている手芸です。布や革などの材料と、刺しゅう糸とでつくる様々なデザインは、多くの人を魅了してきました。学校で簡単な刺繍作品を作った事があるという方は大勢いらっしゃると思います。

刺繍は費用もそれほど必要とせず、気軽に楽しめる事もあって、生涯の趣味として、しっかりとスキルを身につけたい方は少なくないはずです。中には刺繍の資格を取得される方もいらっしゃいます。

刺繍の知識や技法を学んで有資格者となる事で、いずれオリジナル作品を販売することも、視野に入れられるでしょう。また刺繍教室を開催して、副業として収入を得るという道も開けます

資格取得を目指す場合に学ぶべき事をいくつか紹介いたします。

勉強すべき事

まずは道具に関する知識を深める必要があります。基本的な道具は、布や革などの材料、糸、針、額、ミシンなどです。これらの道具の種類や使い方について学んで基礎づくりをします。

また刺繍が美しくなるためには、色の組み合わせや図案も考えなければいけません。いい加減な色の組み合わせはデザインを損ねてしまいます。様々な技法を学ぶ事も重要です。刺繍の技法は一つだけではありません。

ビーズ刺繍やクロスステッチ、フランス刺繍、ハーダンガー刺繍など、多種多様な技巧への造詣が深まる事で、作品づくりの幅は広がるでしょう

刺繍について学ぶ方法

刺繍を学ぶ方法の一つは通信講座です。通信講座では自宅で、自分のペースで学習ができるため、普段忙しいという方でも無理なく刺繍の知識を増やす事ができます

オススメの講座の一つは諒設計アーキテクトラーニングの「刺繍アドバイザーW資格取得講座」です。この講座は、世界中の刺繍が学べるカリキュラムを提供しています。

初心者にも対応しており、講座内容でわからない事があった場合には、スタッフに無制限で質問ができるサービスも含まれています。さらに講座は2つの刺繍資格に対応しており、試験を受けるか卒業課題を提出するかによって、2つの資格を同時に取得する事も可能です(達成可能な資格は公式サイトを参照してください)。

これらの通信講座を利用する事によって、体系的に刺繍の勉強が可能となり、スムーズに刺繍の資格を取得出来るでしょう。

また、Youtubeなどの動画サイトを併用する方法もあります。通信講座で知識をしっかり取り入れた上に、動画サイトを参照する事で、刺繍のイロハをより深く習得できるでしょう。

刺繍資格で副業を目指そう

刺繍資格を取得して刺繍教室を開講した場合、副収入を期待できます。例えば生徒が4人いて、毎週1回1,500円で授業をしたとします。このケースでは週に6,000円、毎月24,000円の収入が見込めます。

口コミや宣伝で生徒を確保する努力が必要とはいえ、好きな事で収入を得られるという魅力は大きいでしょう。

オリジナル作品をネット販売するという方法もあります。「minne」などのハンドメイドマーケットを利用することによって、自分の作品を購入してもらえるようになります。

人気作家になった場合、いずれ副業から本業にシフトする事も可能かもしれません。継続的な学習努力は欠かせないものの、刺繍には大きな可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加