刺繍のうんちく・歴史を学ぼう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

刺繍の歴史を学ぶ

刺繍のうんちく・歴史を学ぼう刺繍の歴史は興味深いものです。刺繍の本や資格では、一定の歴史や技法に関する知識も学んでいきます。刺繍の歴史は、実は特定不可能ともされています。

布や糸が時間の経過と共に傷んで失われてしまうことも原因の一つですが、世界中で非常に古くから存在してきた技法や文化であるため、どれが最初の刺繍なのか正確に知ることが難しく、専門家の間でも意見が割れています。

紀元前10,000年以上も前の古代エジプトや旧石器時代の日本で針が出土しており、作品としてはヨーロッパでチュニックやアップリケなどが確認されています。

織物や布製品は人類史と非常に密接に結びついており、人類史のほとんど初期から衣服や布が使われてきたことを考えると、刺繍の歴史もそれと同じほど古いというのも納得がいきます。

刺繍の発展

刺繍は、主に古代ローマ時代に発展を遂げました。この頃は支配者や英雄が着る衣服や外衣が非常に重要であったため、その装飾としての刺繍が急速に拡大していきます。

刺繍自体はすでに珍しいものではありませんでしたが、より華美で目立つような色使いや技法が考案されていきます。そして公的な場や国際的な文化の中心で刺繍が必要とされるようになったため、刺繍の重要性や立場も向上していきました。

その後中世ではヨーロッパでそれぞれの国独自の技法が考案され、刺繍は多様性や独自性をより一層帯びていくようになります。特にフランス刺繍やリュネビル刺繍などが有名です。

東洋でも同じように発展を遂げる刺繍は、中国で非常に工夫と色彩に富んだ刺繍へと変化していきます。日本でも絹糸を使用した伝統的な刺繍が存在しており、京都の京繍は今では日本伝統工芸として認定されています。

こうした歴史やうんちくに関する知識は、刺繍の本や講座などで豊富に学習することが可能です。

通信講座で効率よく学ぼう!

当サイトでは、諒設計アーキテクトラーニングが提供する「刺繍アドバイザーW資格取得講座」やSARAスクールジャパンが提供する「刺繍資格取得講座」をおすすめしています。

資格の取得だけでなく、基礎から応用まで幅広い知識を学べる効率的な通信講座です。刺繍の歴史やうんちくに特化した講座ではないものの、学習の過程でそういった分野の情報もたくさん取り入れていきます。

刺繍の歴史を学ぶうえで、それぞれの国で発展した技法やストーリーを知ることは欠かせません。民族的な刺繍の例もあり、刺繍の奥深い世界により一層魅力を感じられるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加