刺繍デザイナー(JIA)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「刺繍デザイナー」で刺繍の実力を証明しよう

刺繍デザイナー(JIA)刺繍が大好きな方は、刺繍の知識や技能を証明できる資格を持つと良いでしょう。資格取得することで、刺繍のノウハウが一定以上のレベルにあることが認められます。

また刺繍資格という肩書を持つことによって、刺繍教室を開催したり、ハンドメイドマーケットで作品を販売する時のアピールポイントとする事も可能となります。さらには、手芸関係の仕事に就くためにも役立つでしょう。

取得を目指したい資格の一つは、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「刺繍デザイナー」です。

インストラクターという名前通り、有資格者は刺繍インストラクターとして、他の方に刺繍に関する知識や技能を教えられるレベルの技量を認められるという事になります。

この資格は、刺繍の種類や道具に関して造詣がある他、刺繍の図案を読める事、さらに自身でも構図や図案を考えられる事、刺繍の柄や色合いに適した作品や額縁を選べることなどが充分に出来る方に与えられる資格です。

有資格者は公式サイトによれば、刺繍に関する基本的な知識を有していること、フランス刺繍、クロスステッチをはじめとした様々な刺繍の種類や刺し方を理解し、実践できることも証明されます。

資格試験はある?

この資格を取得するためには、もちろん試験を受ける必要があります。しかし試験は在宅受験によるため、リラックスして受けられ、実力は充分に発揮できるでしょう。

また試験は定期的に開催されていて、約2カ月に1回の間隔で挑戦する機会があります。そのため、一度失敗したとしても、すぐに再挑戦する事も可能です。受験料は税込で10,000円です。なお申込は公式サイトから行います。受験日のカレンダーもサイト上で確認可能です。

試験免除で取得も可能

実は試験を受ける方法以外にも、資格取得を達成する方法があります。それは、特定の認定資格講座を受講することです。例えば諒設計アーキテクトラーニングの「刺繍アドバイザーW資格取得講座(スペシャル講座)」の受講で、それが可能となります。

この講座では、刺繍に関する基礎的・実践的な知識を幅広く学べるカリキュラムが組まれています。そのため卒業時に課題を提出することによって、試験免除で取得が許されます。

スペシャル講座以外に通常講座もあり、こちらを受講する場合はカリキュラムで試験対策をした後に、自身で試験を受けることになります。より確実に資格を手に入れたい方はスペシャル講座を選択すると良いでしょう。

スペシャル講座受講者は、刺繍デザイナーとは別に、もう一つの刺繍関連資格も同時取得可能となるため、とても効率的です。

学習期間や資格内容については公式サイトを参照してください。

なお通常講座の受講料は税込59,800円で、スペシャル講座は税込79,800円となります。安価ではないものの、有資格者となった後は、刺繍教室を開き、マーケットで作品販売をする事などの方法によって、副収入も期待できます

例えば刺繍教室の授業料を一人1,500円として週に1回開催する場合、生徒数が4人で6,000円、1カ月では24,000円の収入となります。

刺繍デザイナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加